葬儀の一般的な流れについて

霊園

葬儀をすることが決定したら、飼い主は供養の仕方を選択します。
個別供養するか合同供養をするかというような決定をします。
合同の場合は、日にちは指定できません。
収骨後、辺骨はできません。
骨を持って帰りたいのなら、個別供養が良いです。
最近では、亡くなった動物の骨の一部をペンダントにしたり、小物に取り入れて思い出の品としてとっておけるようなサービスもあります。
大切なペットといつも一緒という感覚で 続きを読む

大切なペットが亡くなったら

広い霊園

ペットは家族同然です。
亡くなったら飼い主は悲しみにくれてしまいます。
大切なペットは大切にあの世に送り出してあげたいものです。
今は動物のための霊園があります。
葬儀や埋葬もしてくれるサービスも沢山あります。
こういったところに安置してあげるのも一つの方法です。
供養も合同供養、個別供養など様々あります。
埋葬方法は火葬が主ですがほかの方法も選べたりします。
業者によってプランは様々なので、 続きを読む

これまでの歴史や変遷について

霊園の石堂

ペットを自分の子供のように大切に飼っていたり、動物可のマンションが増えたり、動物の医療保険があったり、霊園があったり、葬儀を行ったりペット産業は、拡大しています。
そんな大切な動物の最期を葬儀をしたり、霊園に埋葬したりする人も増えています。
昔は、川に流していた時代もありますが、衛生面などの問題から禁止されています。
また、大切な家族をちゃんと最期の葬儀、埋葬したいという人も増えています。
そもそも動物を霊園に埋葬する歴史は、紀元前20000年前のエジプトで始まってます。
ピラミッドには、猫が埋葬されていました。
日本では、 続きを読む

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年11月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930